テノール歌手の大久保 憲です。3・11に被災した、私の叔父家族が住む釜石へ、いたって個人的に支援しておりましたが、この度「釜石応援隊」として組織化いたしました。今後とも変わらぬご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

投稿者 : スポンサードリンク | - | | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
<< 釜石便り 〜 9月 | main | 長い間ご支援ありがとうございました その1 >>
釜石便り 〜 12月

怒涛の年末ももうあと半月で終わろうとしています。
この秋・冬はおかげさまで毎日仕事が途切れず、
体調管理が大変です。
12月22日に八王子で第九のソロを歌います。
ご興味のある方はぜひお運び下さい。

叔父から便りが届きました。


憲様

雪こそないですが、川筋の風や浜風は、冬そのものです。
シーズンを迎え、慌ただしい日々かと推察しています。

施設の歯科支援が、14日から3日間10か所で行われます。
その繋ぎがやっと終わりました。
新しく立ち上げるNPO法人「ワールドサポート幸いカモメ」の、
基礎資料集め等のお手伝いをしています。

NPO法人「よかっぺ茨城」と提携し、
助成金を受けるべく準備しています。
被災者・高齢者・障害者と楮・藍等の栽培をしながら、
放棄地・休耕地を少なくしようとする試みです。
助成申請が通るかは、打率3割の世界とか。
任意団体では、さらに下回るので。

支援する会の活動は、狼煙作戦と重なる部分がありますが、
歯ブラシ・歯磨き粉のお届けや物資のお届け・希望図書のお届け等、続けています。

会計状況です。
赤字となっていませんが、活動がまたがる部分の経費を、
支援する会から支出しています。
狼煙作戦の事務手続きが滞っているので、
いまもって支給は1度もなく火の車の状態。
1月には、出るのでしょう。
イソップ物語の1編を、思い起こさせます。
 いずれ、申請が通る見込みが立った後、
支援する会は解散させる時期に来てるものと思います。

ウイルスが悪さをしています。ご油断なくお過ごしください。
オンッツア

投稿者 : Lucky J | 釜石関係 | 22:50 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
スポンサーサイト
投稿者 : スポンサードリンク | - | 22:50 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://luckyj.jugem.jp/trackback/39