テノール歌手の大久保 憲です。3・11に被災した、私の叔父家族が住む釜石へ、いたって個人的に支援しておりましたが、この度「釜石応援隊」として組織化いたしました。今後とも変わらぬご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

投稿者 : スポンサードリンク | - | | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
<< 釜石便り 〜 7月 | main | 釜石便り 〜 12月 >>
釜石便り 〜 9月

おかげさまで連日忙しく舞台に立たせていただいております。
ありがたい毎日です。

叔父からの9月の便りです。


憲様

窓あけても港は見えませんが、
天然エアコンが作動を開始します。
 盆と秋は一緒に来るものですが、今年は乱調です。
川はカラカラ、畑はパサパサ、道はジリジリ。
中国公演、ご苦労様でした。

7月にメールを送信したきりでした。
それ以降の動きです。

歯ブラシ・歯磨き粉・縫いぐるみ等の施設・
作業所・支援学校へのお届け。
(田野畑村から陸前高田まで飛び飛びに)
歯医者さんのボランティアの繋ぎや、歯科健診の補助。
かき氷ボランティアのお手伝い。
地元起業をする方の畑の開墾・キャンプ場の草刈り。
私設ボランティア斡旋。宿の周旋。
いよいよ万屋然としてきました。
お陰さまで、今日の用事と今日行くところに事欠きません。

そんな中で、染色工芸の齋藤洋(風工房)さん・
バイオジーゼル(菜の花プロジェクト)の
山田周生(オートバイで世界を巡った)さんと出会いました。
地元の発信力不足を、痛感させられます。
手を結ばさせていただきたいと思っています。

私事。この年になって親知らずの処理がやっと終わりましたら、
入れ歯になりました。歯ブラシ・歯科健診間に合わず。
滑舌思うに任せず。老化を噛みしめています。
ハナシニナラナイハナシです。

今日は田野畑村の「ハックの家」に
歯科健診の手伝いに行ってきます。泊まってきます。
そこで柿渋が産地化(原料だけでも)できないかも
打診してきます。

任意団体では、身動きが取れない状態になってきました。
NPO法人取得を考えているところです。

昨日台所の窓の下に、
大きなオス鹿が昼寝をしていました。
おいしそうな鹿でした。



釜石のオンツアン

投稿者 : Lucky J | 釜石関係 | 02:18 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
スポンサーサイト
投稿者 : スポンサードリンク | - | 02:18 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://luckyj.jugem.jp/trackback/38