テノール歌手の大久保 憲です。3・11に被災した、私の叔父家族が住む釜石へ、いたって個人的に支援しておりましたが、この度「釜石応援隊」として組織化いたしました。今後とも変わらぬご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

投稿者 : スポンサードリンク | - | | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
<< 釜石応援隊チャリティコンサートvol.1 終了のお知らせ | main | 叔父からの報告 >>
叔父からのメッセージ(コンサートで読み上げたFAXです)
 
「有り難う、釜石から」

 この16日は、お盆の送り火でした。山の
斜面にある墓地の送り火は、いつもの年よりも
はるかに少なく感じられました。
お参りに行く脚が無かったり、帰省する人の
泊まる場所が取れなかったり、遠くの町に
避難したりして、墓参を果たせなかった方々が
多かったのでしょう。

 3月11日の震災から、5ヶ月以上が経ちました。
波で押し込められた路地や建物の中のガレキは
ほぼ取り除かれました。再利用の出来ない
家屋や建造物の撤去が、始められています。
作業が進むにつれ、空洞の建物や更地が
増えて来て、不気味な光景が広がって
います。

 復旧の兆しも少しずつ見えてくるようになり
ました。火力発電所の水蒸気が空に昇って
います。鋼材を積んだトラックが、工場と
湾港とを引っ切り無しに往来しています。商店の
再開や工場の再建も見られます。定置網の
水揚げも始まりました。

 今も大勢のボランティアの方々が来られ、
泥出しやガレキの撤去や川の掃除等に
汗まみれになり、取り組まれています。活動
されている姿を見る度に、勇気づけられて
います。

 練馬の甥達は、震災直後に知人や友人に
呼びかけ、衣料や食品やありとあらゆる生活
用品を送り届けて下さいました。段ボール箱
400箇に近い支援物資の山でした。その箱
には、暖かい励ましと慰めのことばが添え
られていました。一度もお会いしたことの
無かった方々からもです。思いやって下さる
方がこんなに大勢いらっしゃることに驚き
ました。感動致しました。

 寄せられました物資は、仲間と一緒に
避難所、仮設住宅、施設、グループホーム
老人宅等々にお届けして参りました。

 釜石は、明治29年と昭和8年とに津波に
さらわれました。昭和20年には、艦砲
射撃で焼野が原となりました。その都度
多くの生命と生活を失いました。その度毎に
復旧と復興とを遂げて来た土地でもあり
ます。今回も起ち上がれると信じています。

 心を寄せて下さる大勢の皆様方の深い
思いと行動とが、大きな支えとなって行くに
違いありません。

 今日は、釜石応援隊を起ち上げ、コンサートを
開いて下さると聞いています。遠く岩手の地から
耳を傾けています。
 ご参会された皆様方、ご出演下さった
皆々様、そして準備なされた皆様のご健康
を祈念申し上げます。
有り難とうございました。

            平成23年8月19日
    岩手沿岸地区障がい者を支援する
    有志の会

          山 崎*  耀 樹



(*… 崎の字は「大」ではなく「立」)
(題名は「」ではなく原文は下線)
(字送り、折り返しは原文のまま転載)
投稿者 : Lucky J | 釜石関係 | 22:03 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
スポンサーサイト
投稿者 : スポンサードリンク | - | 22:03 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://luckyj.jugem.jp/trackback/31