テノール歌手の大久保 憲です。3・11に被災した、私の叔父家族が住む釜石へ、いたって個人的に支援しておりましたが、この度「釜石応援隊」として組織化いたしました。今後とも変わらぬご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

投稿者 : スポンサードリンク | - | | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
<< 大船渡〜陸前高田 その2 | main | 現地からのお話。−物資発送停止のお願い− >>
つづきません…
 つづく

と銘打った割には、
その後の道程には大きくお伝えするようなことはなく、
陸前高田を後にし、来た道をたどって釜石まで戻りました。

東京への帰路、
一度見ればじゅうぶんなほどの凄惨な状況を、
二度も見てしまった自分のなかに、

我々が一番したいことは何か
現地が一番必要としていることは何か

と、10時間近くかかる運転中、
ずっと問いかけながら帰ってきました。


今回の叔父との道中、
叔父はあることを口にしていました。

いままだそのことはここには書きませんが、
現在それを具体化する為に準備しています。
近々、それはまたアナウンスさせていただくとして、
皆さんがこの先どのくらい力になってくれるのか、
期待と不安が入り混じった時間をすごしています。

この週末、とあるチャリティコンサートのお手伝い出演依頼があり、
久々に歌うことになったので、
今はその準備に集中しています。

また、この先にも、歌わせて頂く仕事が舞い込み、
ありがたいと思う反面、
日常に戻りつつある自分とその周りに、
居心地の悪さと違和感を覚えながら、
まずは歌える体に調整し直します。

投稿者 : Lucky J | 釜石関係 | 11:39 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
スポンサーサイト
投稿者 : スポンサードリンク | - | 11:39 | コメント(0) | トラックバック(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://luckyj.jugem.jp/trackback/23